スケルトン物件の新規開校の個人塾内装工事(神奈川県・秦野市)

今回の物件はホームページからのご依頼となりました。

こちらの個人塾様ではすでに別の場所にて教室を運営されておりましたので、

こちらが2教室目の開校となります。

益々塾が盛況となるように一段と気合も入ってまいります。

 

DSCF6133

施工前・現地調査中

施主様のご希望に極力応えられるよう、入念な下調べを行っています。

この段階で壁の仕切りなどの位置もテープなどで割り付けを行い、

机やいすの大きさ・配置なども考えながら、

教室内の使い勝手などを想定しつつ施工内容を詰めてまいります。

 

施工前のエントランス

施工前のエントランス

施工前のエントランスですがシャッター以外は未設置となっており、

こちらも新しいフロントサッシを設置する必要がでてまいります。

 

施工中の状態

施工中の状態

軽量天井を吊りこんだ後、照明器具の吊りこみまで完了しています。

写真上では壁による仕切りもすでに終了している状態です。

防音対策なども考慮しボード2重貼りのうえ断熱材などを充填しています。

壁で仕切られた各部屋においては動力型の空調を使わないことにより、

電気代の節約なども考慮することができました。

 

完成した状態①

完成した状態①

完成した状態②

完成した状態②

上の写真にて完成となります。

教室における扉のガラスはもちろん透明に変更されております。

また統一されたメイプル木目調の建具が、より明るい教室を演出しています。

 

完成したエントランス周り

完成したエントランス周り

今回はフロントサッシの設置も行っております。

教室の仕切り壁にあわせアルミサッシ枠を設計し設置しています。

塾らしいイメージを門構えでも演出することは大事です。

多くの入塾希望生にこの扉を開けていただけるに違いありません。